HOME 販売店 製品概要 ご購入者様へ お問い合わせ NEWS

文字サイズ

ご愛用者様の声

Light the World あなたの世界に光を灯す

暗所でも安心して歩ける。
コンサートが楽しめる。
こんな眼鏡の登場を
待っていました。

開発に当たっては、「夜盲」で悩まれている方向けに、
駅構内やコンサート会場などの屋内外で装用体験会を行い、
患者の方に望まれている機能を反映させました。

バイオリニスト 野村 謙介 様

バイオリニスト
野村 謙介

「夜盲が分かったのは4歳の頃。
私たちのような症状を抱えるものは、常に、「見えない、見えなくなりつつある」、さらには「自分の気持ちさえも暗くなっている」という不安があります。このHOYA MW10 HiKARIで、生まれて初めて星や月の影が見えました。妻と同じものが見れているということは、なにものにも代えがたい喜びがあります」(談)

JRPS
(社団法人日本網膜色素変性症協会)
東京支部 会長
土井 健太郎

「私たち夜盲に苦しむ者は、明るい場所ではある程度の視機能※が残っているいるにもかかわらず、薄暗くなると歩行が困難になってしまうので、外出も控えがちです。このHOYA MW10 HiKARIは、暗所でも明るく見えることができるので、夜盲に苦しむ患者にとって、想像を超えた恩恵を与えてくれるものと確信しています。」(談)

※個人差があります。

JRPS
(社団法人日本網膜色素変性症協会)
神奈川支部 役員
伊藤 つえみ

「コンサートでは、ロビーから座席まで装用して移動。座席の位置番号が確認できました。また、ズーム機能を使い、歌手のドレスや楽器、演奏者の表情など、細かな部分もよく見えました」(談)

JRPS
(社団法人日本網膜色素変性症協会)
神奈川支部 役員
阿部 直之

「駅構内の歩行、電車の乗降、商業施設の回遊などを体験。特に商業施設では、夜であるにもかかわらず、真昼のビーチかと思うような明るさを感じました。コンサートでは、プロジェクション・マッピングの演出に感動しました」(談)

ご購入に関するご相談 資料請求